忍者ブログ
テニプリ(主に宍戸)とテニミュキャス(主に鎌苅様)に愛を注いでいるブログ。 オタク注意。
[42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


追記にはみやこ様から奪ってきたバトン。

こんちー!黒姫です。本日八王子にかめと遊びにいってきました!
まず11時に駅で待ち合わせ。でもかめから電話きたのは10時半。

「ごめん、今起きた!」

いつもと黒姫との別パターンだね★(爆
まあいいんです。そんでもって次の電話。

「ごめん、バス来ない」

まあ仕方ないですよ。で、12時半にバスがくるみたいなこといってたんですよ。
だからあたしそこ等辺で時間潰して12時半までまったんですよー。
んで12時半になってメールしたら。

「え?今八王子だけど?」

え、なんで!?みたいな笑
結局12時半にはつくということだったらしいです。それからアタシは15分かけて八王子へ笑
なんだかんだいって予定と1時間45分のオーバーでした笑

んでプリを三枚とりました笑
えっとねー機種で画像いれるやつあったんですよね。
だから健太とカトケンと跡宍をいれました爆
とりあえず、できたプリをみせるわけにはいかないんですが、今度はみやこ様からもらった画像(現在待ちうけ)をいれようと思います★
とりあえず18枚中痛くないプリが2枚。
他は「うちらの彼氏★」だの素敵な言葉が書いてあります。ワオ。天才的?
跡部と宍戸とかね。素敵だよ。本当素敵過ぎて困るよ。痛すぎて困る。ワオ。

その後メイトへGO!けへの3ヶ月ぐらい遅れた誕生日で跡部のキーホルダー?をあげました。
ついでに氷帝のあぶらとりがみをかいました。

まあそれからマックいって東急いって~服かってー。
PIAにもどって、スティッチとってー。(一発だった、すごくない?笑
かめとわかれて長崎屋にできたでっかい本屋さんへ。
8階に「漫画館」とかあっていってみたら、

そこは未知の世界でした。

八王子のメイトもビックリするよありゃ。
だってさ、普通にBLCDがおいてあるんだよ!?テニスのDVDがおいてあるんだよ!?同人誌が普通にあるんだよ!?
しかもメイトにすらなかったあたしのほしかった同人誌が!
っていうか普通に怖いです。ふっつーにこわいです。あれ、あたし小野に電話しちゃったもん。恐くてさ。
ガクガクブルブルですよ。うわお。怖いよ!
しかも同人誌かったら「今アンソロジーフェアやってます」みたいなこといわれてさ。
思わず山本と獄寺が抱き合ってるヤツもらっちゃったよ。ああ、恐かった。
そしてそれをもらうあたしもあたしだけどな!(ホントだよ

ってことで、ツヅキはみやこ様から奪ってきたバトン。超やりたかったよ。超やりたかったから奪ってきたよ。爆


理想の彼氏・彼女バトン 

殆どが宍戸さんです。

Q.01 : 頭は良い方がイイ?

いや、どっちかっていうとバカのが萌えるかな。っていうか亮ちゃんがバカだかrさ。

「・・・わっかんねぇ」
「あ、あたしもそれわかんない!」
「ったくよ・・・あー、わかんねえ!」
「まあまあ、仕方ないじゃん?ドンマイだよ」


両方わかんないからなんともいえないね。笑


Q.02 : スポーツ は万能な方がイイ?

宍戸さんはなんでもスポーツは出来ると思います。

「ナイッシュー亮ちゃん!もう一本!」
「・・・お前、そんなに宍戸見て楽しいかよ?」
「ワオ!岳人休憩?」
「ん?ああ。っていうかお前今バレーボールじゃねえのか?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・テヘ」
「テヘじゃねえよ、バカ」
「あ、亮ちゃんナイスパス!がんばれー!」

バスケって萌えるよね。


Q.03 : 料理 は出来た方がイイ?

あたしが出来ないからね。

「亮ちゃん、何やってるの?」
「ん?ああ、料理」
「え、亮ちゃん料理できたの!?意外・・・!」
「少なくてもお前より作れるぞ」
「余計なお世話だぞコノヤロウ」
「・・・お前の得意料理はなんだ?」
「カップラーメン」
「・・・それより作れるのは当たり前だろ」


夏優、料理できないもん。



Q.04 : 優しい人がイイ?

不器用でも優しいほうがいいね。

「・・・あだっ!」
「ったく、何もないところでこけるなんてどんなバカだよ」
「うっさいわボケー」
「・・・おら、頭だせ」
「うい」
「・・・いたいのいたいのとんでけー・・・うわ、ハズ!」
「・・・子供扱いすんなよう」
「うっせ、こっちだって恥ずかしかったんだからな!」
「・・・でも、ありがと」
「・・・・・おう」


子供扱いってなんか(え


Q.05 : 面白い人がイイ?

いや、別に面白くなくてもいいよ。笑


Q.06 : 強い人がイイ?

まあね。うん。

「・・・いった!ったあー!」
「なにしてんだよ」
「あ、亮ちゃん」
「コイツがケンカふっかてきたんだよ!」
「は!?元はといえばアンタがあたしの友達いじめてたからでしょー!」
「・・・それくらいにしろよ?いっとくけど、これ以上コイツに手だしたらタダじゃおかねぇぞ」
「・・・チッ、覚えてろよ!」
「絶対いやだ!」
「・・・・・・・・・・・・ったく、なんかあったらすぐ俺を呼べっていつもいってるだろーが」
「・・・ごめん、でもね、」
「あーったく、オラ、手当てしてやるから帰るぞ」
「・・・うーい」


どんだけだよって。ね。うん。まあ仕方なくない?


Q.07 : 気が利く人がイイ?

え、うん。まあね。

「・・・はあ」
「何ため息ついてんだよ」
「え、ううん。なんでもない」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お前もしかして調子悪い?」
「え、ううん。そんなことないよ」
「いや、お前激頭いてぇだろ」
「ちょっとその激ダサイ」
「うるせえ。おら、帰るぞ」
「え、いや、まだ授業終わってないし」
「岳人、俺帰るから先生に伝えてくんねぇ?」
「おおわかった。」
「えええ、いや授業サボるのはありがたいけども!」
「おら、背中、のれ」
「・・・・・・・・・・・・亮ちゃんこそ調子悪いんじゃないの」
「うっせえよ。俺だって恥ずかしいんだ。早く乗れ」
「・・・・ありがと」
「おう」

これ、気が利くとかの問題じゃあない気がする。


Q.08 : お金持ちがイイ?

愛はお金じゃないと思う笑

「はあ・・・」
「何ため息ついてんだよ」
「いや、なんでも」
「・・・・・・・そういやさ、お前明日誕生日だろ?」
「え、うん。まあ。よく覚えてたね亮ちゃん」
「そりゃ幼馴染やってりゃわかるだろ」
「あ、うん、そっか」
「あー・・・んで、さ、一日早いけど、コレ」
「・・・何これ?指輪?」
「あー、うん。まあ、安物でわりぃけどよ。」
「別にいいよ、ありがと」

安物でも愛情が篭ってれば、ね!


Q.09 : オシャレ な人がイイ?

いや、そりゃダサイ服きてたら嫌だけどさ!
別にそこまでオシャレじゃなくてもいいです。

「あ、亮ちゃんー!今日はデート日和だね」
「おう。そうだな」
「・・・・・」
「な、なんだよ?」
「いや、亮ちゃんの服ってあれだね。普通だね」
「お前は服に何を求めてるんだよ」
「いや、跡部や忍足はもっと、なんか、キラーン★みたいな服きてるじゃん?」
「アイツ等は特別だろ」
「いや、大人っぽいって意味でね。そう思うと亮ちゃんは年相応だよね」
「褒めてるのか?けなしてるのか?」
「超褒めてる」


Q.10 : 歌は上手な人がイイ?

え、うん。まあどっちでもうまいよ。

「亮ちゃん、アレ歌ってよアレ。なんだっけ。そう、ジャスミン!」
「あー、俺にはあの音域は無理だ」
「じゃあね、掌がいい!」
「・・・あー」
「な、なに?」
「ま、いいぜ。でもあの歌サドだよな」
「うん、大好き」
「・・・・お前、痛いのすきか?」
「どっちかっていうと嫌いだけど。嫌いだけど、好きな痛みもある」
「マゾか」
「まあ、マゾかも」


Q.11 : ダンス は上手な人がイイ?

上手いほうがいいよね。でも下手でもいいや。

「亮ちゃん、ダンス微妙だね」
「うっせー」
「もう少し岳人のように上手くできないの!?」
「なんでヒステリチックなんだよ」
「・・・・・・・うそだよ。頑張って」
「おう」

どんだけなの私。


Q.12 : 貴方はお姫様・王子様扱いされたい派?

だって亮ちゃん、そんなタイプじゃないでしょ?

「あ、姫さんやん」
「誰あんた」
「いや、忘れるわけないやろ。去年同じクラスやったやん」
「あたし関西弁で喋る伊達眼鏡星人なんてしらない」
「いやいや・・・伊達眼鏡ってわかってるやん」
「・・・ハッ!」
「ハッ、じゃないわ。姫さんどこいくん?」
「・・・その姫さんってやめてくれませんかね。あたしには黒姫夏優っていう素敵な名前があるんです」
「そか、なあ姫さん」
「だから姫じゃないっての」
「女の子はみんな姫さんや」
「このタラシめ!」

忍足うざい。(え


Q.13 : 貴方は引っ張って欲しい派? それとも引っ張って行きたい派?

ほしい!

「おい、・・・ったく、何してんだよ」
「あ、亮ちゃん!もう、どこいってたの!心配するじゃない!」
「いや、お前がどこいってたんだよ」
「え、だってあそこにね、かわいい洋服がね」
「あーもう、わかったわかった。それでそこにいったんだな」
「うん、そう」
「うん、じゃねえよ・・・ちゃんと見たいならいえよ、とまってやるから」
「うん、ごめんね」
「・・・いや、いいけどよ。で、まだみんのか?」
「ううん。もういいや」
「ったく・・・おら」
「え?」
「手」
「・・・うい」

うわ、あっま!


Q.14 : レディファースト はどう思う?

いいとおもう!

「おら、先いけよ」
「・・・うい?」
「いや、先いけって」
「なんで?」
「いや、なんでって・・・レディーファーストだろ?」
「・・・亮ちゃんよくそんな言葉しってるね」
「お前俺をバカにしてんのか」


Q.15 : カッコイイ人とカワイイ人ならどっち?

格好いい人!でも実際好きになるのは可愛い人笑

「亮ちゃんって格好いいよね」
「あ?跡部のが格好いいだろ」
「うん。でも跡部より亮ちゃんのが格好いいとおもう」
「・・サンキュ」


Q.16 : タバコ吸う人はOK?

いや、ダメかな。臭いが嫌。

「あれ?亮ちゃん、それなに?」
「・・・ああ、タバコの箱だな。ったく・・・」
「・・・・・・・亮ちゃん、タバコすうの?」
「あ?ちげぇよ。兄貴の」
「あ、そっか。もう20歳すぎたもんね」
「まあな」
「亮ちゃんはすっちゃだめだよ?」
「あ?だってお前嫌いだろ?タバコ」
「え、うん」
「じゃあすわねーよ」
「・・・・ありがと」

あんまいな。おい。


Q.17 : お酒飲む人はOK?

うん。まあ、適度になら。ま、あたしが弱そうだからね(でも強いのかな

「んー・・・」
「おい、夏優、寝るなよ」
「ねんむい・・」
「ったく・・・」
「りょーちゃんは?へーき?」
「あ?跡部でと一緒に良く飲んでるからな。なれた」
「うっわきものー!」
「・・・は?」
「あとべと、あとべとうわきしてるんだー!」
「いや、意味わかんねぇから」
「うわーん、ばかー!」
「あー、もうわかったから、おら、早く部屋いってねろ」
「うわーん!りょーちゃんが浮気したー!」
「浮気してねっつってんだろバカ!ったく・・・」

とかいって担いで部屋までもってってくれるといいね(荷物扱い


Q.18 : ギャンブルする人はOK?

ギャンブル弱そうだからしないほうがいいかな。
っていうか、あまりしてほしくない。


Q.19 : 浮気 は許せる?

亮ちゃんは浮気するほどバカじゃないと思うし、浮気なんてしないと思う。
まあ、うん。相手は亮ちゃんだけじゃないからなあ。
とりあえずあたしの彼氏は亮ちゃんしか考えられないからわからない。(なんつー回答・・


Q.20 : 好きな人が韓国人だったらどうする?

だって亮ちゃん韓国人じゃないもん(何


Q.21 : 白人と黒人どっちが好き?

どっちかってーと白人かな。
でも、まあ白すぎてもキモチワルイから少し黒いのがいいかな。


Q.22 : Sの人とMの人ならどっちが良い?

えす。

「亮ちゃん、ヤダ、痛い!」
「あー、うるせー」
「痛いイタイイタイ。離せバカ!」
「バカとかいうやつには離してやんねー」
「ヤダー!じゃあおろせ!担ぐな!」
「ヤダ」
「バカー!サド!」
「サドで結構」

いいよね、サド(え


Q.23 : 好きなタイプをアニメ・ゲームなどのキャラで例えると?

実際好きになるタイプは岳人。だけど理想は宍戸。
ちなみに宍戸がすきなのはタイプだからじゃなくて、人柄がすき。


Q.24 : 好きな人が二人出来ちゃった。貴方ならどうする?

うーん。アタシ実際に本当に亮ちゃんしかすきじゃないからわからない。
あ、でも・・・。


「ねえ岳人」
「なんだよ」
「あのね、亮ちゃんとのデートと健太のイベントがかさなっちゃったの」
「へえ」
「へえ。じゃなくて、・・・ね、どっちがいいかな?」
「どっちでもいんじゃね?」
「・・・・・・・」
「あー、わかったわかった。宍戸とはいつでもいけるんだろ?だったらその、健太?のイベントにいけばいいだろ」
「あ、そっか!でもなんて断ろう・・・」
「あ?」
「亮ちゃん、健太の名前出すと怒るんだよねえ・・・」
「(知るかよ)」



Q.25 : 好きな人の職業は?

高校生です。同い年です。亮ちゃんとあたしは、一緒に進んで生きます。笑


Q.26 : 理想の体系は?(身長・体重 ・靴サイズ~)

え、別になんでもいいよ笑

「亮ちゃんの身長は?」
「あ?この前175だったかな・・・」
「ふむふむ。あたしは160になればいいわけね」
「なんでだよ?」
「いや、だってベストカップルは15センチ差だもん」
「あー・・・別にちっちゃくてもいいと思うぜ?」
「いいの、でっかくなりたいの」
「そうかよ」
「えっとね、体重は?」
「そういうもんはきくもんじゃねえだろ」
「いいじゃんやせてるくせに!」
「あー・・・忘れた」
「ぶう。じゃあ靴は?」
「27ぐらい」
「ほへー。でかいね!」
「そうでもなくね?」

みたいな?


Q.27 : 髪型は、ロングとショート ならどっち?

短いの!忍足ロングはすきじゃない。
でも宍戸みたいな長いのなら宍戸限定でいいよ。(何

「亮ちゃん、髪のばさないの?」
「・・・のばしてほしいのかよ?」
「いや、別に?あたし、短い方が好き」
「・・・お前はのばさないのかよ?」
「だってあたし、スポーツマン。あるとね、邪魔」
「結べばいいだろ」
「面倒。邪魔」
「・・・ま、いいけどよ。似合うから」
「ありがと」


実際似合うかどうかは定かじゃないです。


Q.28 : 髪を元の色以外に染めてる人はOK?

あたしまだ高校生だから黒がいい。いや、別に染めてるのがわるいわけじゃないけどさ。

「うちの学校なんだかんだいって髪の毛面白いよね」
「ん?ああ、まあな」
「銀髪とか茶髪とか。ピンクとか青とか。ふっしぎー」
「ああ、そうだな」
「・・・亮ちゃん黒いよね」
「あ?だってわざわざ染める必要ないだろ?なんだよ、染めてほしいのか?」
「ううん。黒でいい。黒がいい」

だから、赤也もすき笑


Q.29 : オタクな彼氏・彼女は?

あたし別にいいと思うよ。でもまあ、うん。ロリにキャーキャーいうやつは、嫌。

「忍足ってオタクだよね」
「オタクじゃないわ」
「魔法少女りりかるなのはってしってる?」
「な、しってるもなにも!あれは男のユメやろ!感動やろ!あれなー前作のがよかったわーああ、かわいい。萌えや萌え」
「やっぱオタクじゃん」

実際黒姫はよくしりませんよ、魔法少女リリカルなのは笑


Q.30 : では最後に、バトンを渡す人。

適当にどうぞー。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[08/06 むと]
[08/06 Bの愛しのハニー笑]
[07/26 さとり]
[07/25 むと]
[07/23 ゆい]
アクセス解析
プロフィール
HN:
黒姫夏優
性別:
女性
自己紹介:
・JK2。ピチピチ。
・GTキッチン勤め
・趣味、授業中の昼寝
・特技、24時間妄想

───────────

・主にテニス・テニミュラバー
・テニスの中では宍戸が好き
・っていうかもう結婚してるから
・テニミュでは鎌苅様がすき
・高校の第一志望は氷帝だった
・今の行きたい場所は二次元
・鎌苅様に会いに女優になりたい
・他、Dボなどにラブ
・今ハマっているのは元気君
・格好よすぎる、危ない
・他に、柊吾もすき
・年下なのに可愛すぎる
・歳が一つしか違わないのに
・他、アイシールドなど好き
・十文字ラブ
・人生の目標:ヒル魔
・マシンガンをぶっ放したい
・他、相楽を溺愛中
・鳳宍より跡宍派
・半裸フェチの変態
・現在恋愛探し中
・どえむですが何か、

管理人は、こんなヤツ。

ブログパーツ

カウンター
バーコード
ブログ内検索


photo by RainDrop
忍者ブログ [PR]